Header Ads

【DBD】パーク 全力疾走の効果や使い方

走り始めたとき、通常の150%の速度で最大3秒間全力で走る。

疲労時に使用できない。

60/50/40秒間の疲労を発生させる。

走っている間、疲労は回復しない。

キャラクター メグ・トーマス
ティーチャブル化 35
使用目的 ダッシュパーク
使用難易度 やや難しい
(腐らないものの、活用しようとするとテクニックが必要)
汎用性 高い

概要

いわゆる、ダッシュパークのひとつ。

発動条件が最も軽いため、他とは違い
疲労状態の残り時間を調整することで、任意のタイミングで発動するという独自のプレイングが必要。

ハッキリ言います

「発電機まで歩いて向かい、キラーが来たらこの加速で逃げる」は良くありません
「やや遠目の発電機に走り込む、発電機を回しながら疲労回復」がベストです

…というように、ムダない発動を覚える知識勝負になります

正直、発動タイミング等の賛否だけで複数記事書けるぐらい難しいパークです。

チェイスに利用する場合は披露コントロールをチェイスしながら行うことになります。
ここはデッドハードに劣る理由だと思います。

また、マインドブレイカーや披露斧、披露瓶の場合は立ち回りが大きく変わります。
キラーのパークやアドオンの影響を最も受けます。



…とここまでボロクソに書いていますが、
私は、ダッシュパークでは最も腐りにくいパークだと考えています。
デッハは披露斧やワンパンで腐り、しなやかはチェイス開始が強ポジだと腐ります。
バランスはマップによっては発動すらできません。

最後はどのパークが好きか、の論争ですが、
極めて無駄になることはないパークだと思います。

類似パーク

ダッシュパーク

使うと疲労状態になる、みんな大好きダッシュパーク。

バランス

ダッシュパークの中で「キラーが守りやすい発電機をつけるために使う」という運用ができるパーク。
大会だとバランスが多い気がします。

併用されるパーク

寝ずの番

疲労状態の回復速度UP。
全力疾走は発動頻度が高いので、かなり変わります。

0 件のコメント